ドイツでも人気、床材としてのウォールナットの特徴とメリット、デメリット

フローリング選びとなると、自然素材を選ぶ方とほぼ自然に近い外観のデザインの床材を選ぶ方に分かれると思います。
例えばヨーロッパのドイツでは、床材として木材は重宝されており、人気の床材の一つになっています。
本物の木材は、断熱性に優れているので、特に板材や小さな寄木細工の板材に加工しやすいという利点があります。

しかし一方では、床を施工する際、使用する材料の強度に注意を払い、できるだけ最適なシーリングを行うことが必要不可欠です。
本日は今日でも人気の「ウォールナット」のフローリング材についてご紹介したいと思います。

目次

ウォールナット床材の特徴を大解説!

目次
1.ウォールナットの床材とその外観
2.ウォールナットの床材のメリット
3.ウォールナットの床材のデメリット
4.まとめ

1.ウォールナットの床材とその外観

引用:Parador – Engineered wood flooring

フローリング材の中でも、今日特に人気なのはウォールナット。
数千種類の木材の中でも、ウォールナットの美しさは一目瞭然です。
グレーの濃淡のあるダークブラウンの色だけでも目を惹きますが、なんといっても、まるで何千もの炎が踊るような模様のはっきりとした木目構造はウォールナットならではのエレガンスさを醸し出しています。

また、様々な色合いの未処理のものもありますので、組み合わせを工夫することで様々な空間を実現することができます。
深いダークブラウンから黒の部分、そしてエレガントなグレーの部分まで、生き生きとした濃い色調と刺激的な色合いに豊かに彩られたウォールナットのフローリング材は、世界中の建築家から愛されている床材の一つです。

引用:Parador – Engineered wood flooring

2.ウォールナットの床材のメリット

本物の木のフローリングは天然ものであり、常に長所と短所があります。
それでは、ウォールナットのフローリング材にはどのような特徴があるのでしょうか?

まずはメリットから紹介していきましょう。

エレガントな見た目

先ほども申し上げましたが、ウォールナットの木目調の美しさはウォールナットのフローリングの一番の魅力といっても過言ではありません。

ウォールナットの寄せ木は加工しても非常に本物のままの外観を保つことができるので、印象的な空間効果を得ることができます。

白い壁に印象的なウォールナットのダークウッドを組み合わせれば、視覚的にもお部屋が広く見えます。また、どちらかというと目立たない小部屋や、シンプルな手段で上質なタッチを与えたい部屋には、ウォールナットのフローリングが最適です。

柔軟性

また、ウォールナットのフローリング材には柔軟性があることも最大のメリットの一つです。
ウォールナットは形を保ち、隙間ができにくい特性があるため、設置の際に大きな問題が生じることはありません。
お手入れは特に必要ありませんが、他のフローリング材と同様、濡らすのではなく湿らせた布で拭く必要があります。
しかし、全体的に見て、耐久性、すなわち水分が浸透した場合の耐性は非常に良好であり、ウォールナットのフローリングは湿気にも強いと言われています。

3.ウォールナットの床材のデメリット

しかし、ウォールナットのフローリングには特記しなければならにデメリットもいくつかあります。

ほかの木材に比べて比較的高価

ウォールナットのフローリングは、ブナなどに比べてかなり高価なのが難点です。
一般的に、ウォールナットを用いた階段やオイルを塗ったウォールナットのフローリングが非常に高価であると言われていますが、これはウォールナットのフローリングの需要が非常に高いから、ということが考えられます。

例えば、ウォールナットには強度があるため、高級家具の施工にも使用されています。
また、音楽産業では楽器の製作にウォールナットが使われていることもありますし、彫刻家や玩具メーカーにおいては、ウォールナットは主に芸術的にデザインされたチェスの駒の材料として使用されています。

弾力性・耐圧性に欠ける

ウォールナットのフローリング材のもう一つの難点は、その弾力性・耐圧性です。
一般的には、ウォールナットは柔軟性があり耐久性も高いと言われていますが、すべてにおいてではありません。

ウォールナットは、硬さが約26~30N/mm²と中程度の耐圧性しかないため、耐荷重に関してはあまり好ましくないと言えるでしょう。
他の木材と比べると、木材の硬さはカラマツよりも高いのですが、かなり硬いオーク材に比べると3割ほど低くなっています。
プライベートで使用する場合は、通常の使用であればウォールナット材の耐荷重で十分ですが、商業施設など、業務用として使用する場合は、常に重い摩耗にもよく耐えられるアカシアのような、より耐荷重の高いものを探す必要があります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?
ウォールナットフローリングのエレガントな美しさは、家を豊かにし、高貴な雰囲気を醸し出し、家庭空間をより豊かにしてくれることでしょう。
綺麗でしっかりした見た目のウォールナットはドイツでも使用されています。
ウォールナットの自然の美しさを、あなたもぜひご家庭に取り入れてみませんか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる