マンションにおすすめエコカラット

みなさんこんにちは!
突然ですが「エコカラット」とはなにかご存じですか?

今日は、最近注目を集めているマンションにぴったりの内装壁材「エコカラット」についてご紹介します! 

目次

マンションでより快適に過ごすための内装壁材「エコカラット」

エコカラットとは

エコカラット・エコカラットプラスは、日本の気候と相性のよい伝統工芸「土壁」からヒントを得て開発されたインテリア壁材です。

もう少し具体的に説明すると、天然粘土であるアロフェン等の素材を高温で焼いて作られたタイルで、湿度が高くなると微細孔から湿気を吸収し、低くなると湿気を放出する効果があり、室内を快適に方向改善することができます。
つまり、壁や天井などに施工する事により、室内の温度・湿度などを調整できたり、お部屋内の消臭効果が期待できます。たとえば、トイレに使用した場合は消臭効果、洗面室に使用した場合は湿気対策が期待できます。

エコカラットのイメージ図

エコカラットの特徴

エコカラットには4つの特徴があります。

湿気を吸収するので結露を軽減できる!

季節や天候、気温によって、部屋の湿度は変化します。
エコカラットには珪藻土の4~5倍の吸放湿力があり、結露を大幅に軽減することができます。

カビ・ダニ発生の抑制

お部屋の湿度が上がるとカビ、ダニ、菌類の発生確率が著しく上がります。

しかし、エコカラット・エコカラットプラスを施工した部屋には高い調湿機能が期待できますので、高湿度になりにくく、いやなカビ・ダニ等の繁殖を抑制することができます。

高い脱臭性能

賃貸マンションには、前住人の生活臭がつきものです。

トイレやたばこのにおいだけではなく、ペットのにおいやキッチン周りの生ごみのにおいなども、賃貸に出す前に何とかする必要があります。
エコカラット・エコカラットプラスには珪藻土より優れた脱臭機能があるので、悪臭を軽減することができます。
特にトイレや洗面台に使われることが多く、賃貸物件にもピッタリです。

ホルムアルデヒド・トルエンを吸着

クロスやコンクリートなどの新築マンションの建材や、新品の家具などは、人体に影響を及ぼすホルムアルデヒドやトルエン等の揮発性有機化合物を室内に発生させてしまいます。

しかし、エコカラットは湿気だけではなくこれらの物質も吸収するので、どんな物件でも安心安全に暮らすことができます。

空間別使用例

デザインにも沢山バラエティのあるエコカラット、エコカラット・プラスですが、「タイル建材」と聞くと、リビングルームやダイニングルーム等との相性がいまいち想像できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、空間別にエコカラットの使用例をご紹介したいと思います。

リビング

タイルとリビングと想像するとすこしおかしな感じがするかもしれませんが、このようにお部屋のアクセントとして壁の一部にエコカラットを取り入れると、スタイリッシュでお洒落な空間を演出することができます!

ダイニング

また、エコカラットはデザインが豊富ですので、以下のようなレンガのようなデザインのものを使用すると、モダンでインダストリアルな空間を作ることもできます!

ブリック ECO-250/B1 ほんつちかべ ECO-303/H1
3:和室

また、意外な組み合わせかもしれませんが、和室とエコカラットの相性も抜群です!


湿気の高い6~9月ごろになると和室の畳にカビが生えてしまう可能性があります。特に気密性の高いマンションは畳のカビが発生しやすくなりますので、畳を長く大切に使うためにも、エコカラットは大活躍します!

4.まとめ

以上、いかがでしたか?

賃貸物件の壁材として、大変おすすめの「エコカラット」、「エコカラットプラス」。
ケーマックでは、二年間の施工保証付きでエコカラット施工を承っております。
サイズが不明な方は、図面を拝見させて頂ければ無料にて概算でお見積もりもさせていただいております。
ご興味のおありの方はぜひフロアコーティングは実績15年のケーマックまで、お問い合わせくださいませ。

無料お見積もり・お問い合わせページへ進む

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる