床のリフォームの優先順位は高い?リフォームの優先順位について

一戸建て住宅や分譲マンションに10年単位で長く住んでいると、お家にもメンテナンスが必要になっていきます。最初は新築、新品で快適だった我が家も住んでいると、床や壁に傷ができてしまうなんてことは残念ながらよくある話ではないでしょうか?そこでフローリングはリフォームを検討する上で優先度はどれぐらいなのかを一緒に考えたいと思います。

あわせて読みたい
カーペットからフローリングにリフォームのすすめ
カーペットからフローリングにリフォームのすすめ築年数が多少古いお家に住んでいるご家族の場合、お家を見直してみると床がカーペットになっているお部屋があったりしないでしょうか?しかし最近のお家を見ると、フロ...
目次

リフォーム箇所の優先順位を考えよう

何年も家に住んでいると、どんなにきれいにお手入れやメンテナンスを施していても残念ながら少しづつ劣化していってしまい、所々リフォームや思い切ったリノベーションが必要になっていきます。一戸建ての屋根や外壁などもリフォームの対象となり、分譲マンションに住んでいるご家族でも玄関、廊下、キッチン、トイレ、浴室、リビング、床に壁など、あげるとキリがありませんね。もちろんご家庭によって予算が変わってきますし、リフォームには数日以上かかる箇所もたくさん出てきます。見積もりを取っていくと予想以上に時間と費用がかかってしまう、なんていうこともでてきます。賢くリフォームの準備を考えていきましょう。

①緊急度の高いものからリフォームしていく

リフォームを考える上で大切なポイントは緊急性があるかないかです。住宅の痛みが少しづつ気になってきていると言った場合、そこまで緊急性が高くないかもしれませんが、水回りに問題がある、壁に穴が空いてしまった、設備の調子がおかしいなど実際に問題が出てきているとなると、やはりそこを優先する必要があります。

マンションに住んでいる場合は気にする必要はない店になりますが、戸建て住宅の場合は屋根裏や床下の土台など目に見えない部分のケアも必要が出てきます。目が向かないところだと中々意識をするのも難しいですが、土台部分に問題が出てきてしまうと耐震性や建物の強度など様々な箇所に悪影響を及ぼす可能性があります。

②戸建て住宅は外側に注意

リフォームの基本は外側が先、内側が後になります。マンションに住んでいるご家族の場合、この点は管理組合などがマンション全体の管理を担うので注意する必要がない点になります。しかし戸建て住宅の場合は外壁や屋根など外側のメンテナンスも自分たちで行う必要が出てくるので注意が必要です。

家の外側は内側より先に行うのがおすすめ

屋根や外壁は天候の影響を直接受け、雨風、雪や雷など様々な影響を受けていきます。もちろん屋根も外壁もその分丈夫に作られていますが、それでもメンテナンスをしておかないとそのうち雨漏りが起きてしまうなんてこともありえます。リフォームというと内装部分に目が行きがちですが、家の外側に問題が無いか確認が必要です。せっかく内装をリフォームしても、雨漏りで内装にダメージを負ってしまうと、せっかくのリフォームが無駄になってしまうということにもなりかねません。

生活スタイルに合わせてリフォームしていく

長年同じ家に住んでいると、年々我が家に必要なものも少しづつ変わっていきます。例えば結婚して子供がいない時は体調も元気なことが多く、夫婦で快適に過ごせる空間が大切になってくるかと思います。そこから赤ちゃんや小さいお子様を持つようになると、子供たちが怪我をしないようにという安全面に気を使ったり、また子供たちが家を汚してしまうこともあるのでお手入れが簡単であったり、汚れに強いなどの部分が重視されてきてます。

他にペットを持つようになりますと、ペットの抜け毛がありますのでカーペット類は不向きになってきますし、ペットの爪やヨダレなどが気になってきます。そうなりますと床に傷や汚れをつきやすくなりますので、やはり傷、汚れに強い高耐久でお手入れの手間がかからないというのが大事なポイントになってきますね。そして高齢の方がいる家庭ですと、段差などのできるだけ少ないフラットな床や高すぎない浴槽、手すりなどバリアフリーのデザインなど重視したいポイントは変わっていきます。

リフォームは想定外の出費が発生することも

リフォームを行う上でみなさんある程度の予算を準備して行いますが、リフォームを実施していくと、想定外の出費が発生してしまい、予算が足らなくなってしまったというケースが出てきます。

住宅・不動産購入をサポートしている情報サイトであるSUUMOでも想定外の出費に関してのエピソードを紹介していますが、こちらのアンケートによると「契約後に想定外の出費も含めて追加費用が発生した人は約92%、その金額は平均192万円にもなりました。」と記しています。

契約後に想定外の出費も含めて追加費用が発生した人は約92%、その金額は平均192万円にもなりました。

こんなにあった!リフォーム 想定外の出費 – SUUMO

理由は一概ではありませんが、リフォームは実際に工事を始めてみて追加・変更が必要なケースが出てくることがあるのです。床下の土台基礎部分が劣化しており補強工事が必要になったり、リフォーム工事の際に仮住まいの費用が予想以上にかかってしまったなんてケースも出てきます。どんなに注意をしても全ての細かい数字が実際行ってみないとわからない難しい部分もでてきます。そうなるとリフォームしたい箇所すべてまで予算が回らないなんてことにもなりかねないので慎重な優先順位立てが必要です。

もし床と壁紙のリフォームどちらかを選ぶ場合は床を選ぼう

ここまでリフォームの優先順位を考える上での注意点を説明していきましたが、例えば引越し前に予算の都合上床か壁紙どちらかしかできない場合はどちらを選ぶべきでしょうか?もしどちらも緊急性が同じ場合は断然床のリフォームを選ぶべきです。

当たり前ですが、床も壁もリフォームを行う上ではその分のスペースが必要になり、家具が邪魔になります。業者や工務店さんによって家具の移動を有料で行ってもらえるところがありますが、あまり好まれません。また家具を移動させる上では移動後のスペースが必要になります。

この点壁紙のリフォームは壁一点を空ければ良いので、比較的スペースが取りやすいですが、床の場合はその部屋の床全体のスペースを設ける必要があるので大変手間になります。つまり床のリフォームの方がどうしても大掛かりになるので、リフォームを行う手間が非常に大きくなります。床のリフォームは簡単に行えないので、行えるうちに行っておくことが後々の負担の軽減につながるのです。

家具があると移動させる必要があるため、床のリフォームは非常に手間になってしまう

まとめ

いかがでしたでしょうか?リフォームの優先順位はご家庭と家・マンションによって変わってきます。特に傷んでいたり問題がある箇所を優先し、各ご家庭の状況、そして5年後、10年後、20年後どうなっていくか長期的な視点を持ってリフォームの優先順位を組んでいくことをお勧めします。例えばペットやお子さんがいるご家族には床に注意が必要ですし、年配のご家庭では段差や浴槽、水回りなども大切になります。

住まいのトータルコーディネートを担うケーマックでは傷の補修やコーティング、フローリングの施工にコーティングまで幅広く手がけております。家のリペアやリフォームなどおうちに関する質問がありましたら、ケーマックまでお問い合わせくださいませ。ケーマックでは無料でご相談、お見積もりを行なっております。

無料相談・見積もりページに進む。

あわせて読みたい
カーペットからフローリングへのリフォーム時に気をつけるべき注意点
カーペットからフローリングへのリフォーム時に気をつけるべき注意点マンションや一軒家の床にはフローリングが多いですが、実は昭和のお家を見てみるとフローリングは一般的ではありませんでした。昭和の時代は元々は畳や床の間が多く、...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる