オーク材のフローリングの魅力とメリット

新築一軒家の戸建て住宅の購入を検討しているご家族や、マンションのリフォームを検討しているご家族にとって、どの床材を選ぶかはとても大切なのはご存知でしょうか?適切な床材の選択は家の魅力や快適性をぐっと高めてくれる重要なポイントなのです。よい床材を施工することは家の資産価値を高めることにも繋がり、後々に売却することを検討する際にもより高い金額で売却できる可能性にも繋がります。

内装や住宅にマッチしている床はお家全体の雰囲気を更に良くしてくれるのです。もし自分のお家をより快適に、オシャレに、そして資産価値を高めようと考えている場合、快適で家の雰囲気を簡単に改善できる床材を手に入れたいと思っているのであれば、オーク材の床材がおすすめです。前回の記事では全体的なオーク材について解説しましたが、今回はもう少し具体的にオーク材の魅力についてお伝えしていきます。

目次

オーク材のフローリングの魅力

不動産・住宅サイトのSUUMOではオーク材を以下のように説明しています。

オーク材とは、建築用としてはブナ科コナラ属の落葉広葉樹を指すことが多く、大きく次の4つに分けられる。

(1)北米産のホワイトオーク/スワンプホワイトオーク、チェスナットオークなど多くの種類がある。重く硬く、強く、心材の道管孔がチロース繊維構造を持っているため液体漏れがせず、ウイスキーなどの貯蔵樽として使用されてきた。家具材や床材などにも多く用いられている。

(2)北米産のレッドオーク/ノーザンレッド、スカーレットなどの種類がある。道管孔にチロースがないため、桶や樽には向かない。

(3)国産のミズナラ/北海道産、東北産、飛騨産のミズナラが有名。なかでも北海道産のミズナラは、平均的に柔らかく、加工しやすいため高い評価を受けている。フローリング、壁板などの建築用材、インテリア材、家具材などに広く利用される

(4)欧州産オーク/材質が北米産のホワイトオークに似ているヨーロピアンオーク、イングリッシュオークなどがある。

SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

オーク材のフローリングを選ぶ理由はどんなものがあるでしょうか。オーク材のフローリングと聞くと皆さんはどのようなイメージをしますか?値段は安くなく、高価なものという印象があったり、そのメリットについてはあまりよく知らないと言う人もいるのではないでしょうか。確かに硬いオーク材をフローリングに選ぶとコストがかかってしまいますが、実はその分のお金を支払うメリットがあるのです。その費用を上回ってオーク材のフローリングがあなたのお家にぴったりな理由をあげていきます。

オーク材フローリングはメンテナンスがほとんど必要ない

カーペットを使用したことがある人はご存知だと思いますが、カーペット床にはいくつかのデメリットが存在します。その中でもわかりやすいデメリットにあげられるのが汚れ、埃が非常に落ちにくくメンテナンスの手間がかかることではないでしょうか?

しかしオーク材の床はカーペットと違い、掃除機をかけなければならないカーペットに比べてそのような手間隙をかける必要がほとんどないのです。ほとんどのオーク材の床は傷や汚れがつきにくいようにできており、中にはラミネート加工されているものもあります。つまり、たまに雑巾やタオルで拭き掃除をしたり、軽く掃除機をかけたりするだけで新品のような状態を保つことができるのです。またオーク材のフローリングでも傷がついてしまうことはありますが、その際はサンドペーパーで傷を磨けば傷の部分のメンテナンスができます。

カーペットに傷が付いてしまうと補修は難しいですが、オーク材のフローリングは傷ついたカーペットを張り替えるよりもはるかに安くリペアができるのです。また、フローリング全体ではなく、傷んだ板を交換するというも方法もあります。なお施工や箇所によっては一枚の板だけ交換も難しい場合がありますので、リペアの際はプロの業者に確認することをお勧めします。

オーク材は高品質な木材フローリング

定期的なお手入れをすることでフローリングの品質を維持することができるので、10年以上も使い続けることができます。広葉樹であるオーク材の床は丈夫なのでしっかりとお手入れをすれば20年保つとも言われています。オーク材は長年フローリングに使われてきており、時代を超えた洗練された暖かさを持っています。これは一時的な流行り廃りに影響されることなく、いつの時代も私たちに落ち着きと居心地の良さを感じさせてくれる、非常に身近で魅力あふれる床材です。これがオーク材の床が多くの住宅購入者も高く評価される理由の一つです。

衛生的なオーク材

カーペットには長年使っていると、虫などの寄生虫が住みやすく不衛生になりがちですが、オークのような広葉樹のフローリングにはそのようなことはありません。カーペットでは、ホコリやその他のアレルゲンが床に溜まると、掃除機でも中々綺麗にすることはできずアレルギー体質の家族には大変なことになってしまいますね。

特にペットを飼っているご家庭ですとペットの抜け毛などがすぐに溜まってしまいます。また、小さい赤ちゃんがいるご家庭では、子供は床に寝そべる時間が大人よりとても長いので、衛生面には気をつけたいポイントです。しかしオーク材の床ではその心配はありません。また、ペットが床に吐くような嫌な臭いも不フローリングにはつきません。汚れてしまった時はモップやタオルなどで水やフローリング用の洗剤などを使って拭いてあげると簡単にきれいにできるのです。

実は種類が豊富なオーク材

オーク材と言ってしまうと、もしかしたらデザインが限られていてお気に入りのフローリングがないかもと考える方もいるかもしれませんね。しかしそんな心配はいりません。実は一口にオーク材と言っても、そこには様々な種類があり、その種類毎に別々の色があるのです。例えばヨーロピアンオークにホワイトオーク、レッドオークなどがあり、明るい色から暗い色、チョコレート系の色まで様々です。

オーク材のフローリングは丈夫で構造的に強い

これはオーク材が衝撃に強く正しく床材に向いた建材を意味します。つまり簡単には壊れたり、緩んだり、割れたりしません。オーク材はその頑丈で緻密な木材構成のおかげで簡単に傷がつくことはありません。実際オーク材の床が適切に設置されていれば、振動や空洞音を発生させません。また、ホワイトオークのようなオーク材は、湿気やカビ、虫などに強い性質を持っているので、高温多湿の日本の住環境にも向いていると言えるでしょう。

時代を超越したデザインを持つオーク材

上でも述べていますが、オーク材のフローリングは文字通り何十年も使い続けることができます。カーペットには摩耗や損傷がつきものです。例えばタイル柄は時間が経つと色あせ、そのデザインも流行り廃りがあり、10年も経ってしまうと古臭いと感じることがあります。しかし、オーク材の床にはそのような問題はありません。オーク材のフローリングは時代を超えた魅力を持っているので、オーク材のフローリングで家を飾っても、25年後くらいに売却しても、オーク材のフローリングが流行遅れになったり住宅の魅力を失ったりすることはありません。

オーク材のフローリングは住宅の売却の時にもマイナス要素にならない

新築の戸建てや分譲マンションを買う時、家を売却することはあまり意識しないのではないでしょうか?しかしお家は人生で一番大きい買い物になるので、資産価値というのはぜひ意識するべきポイントなのです。そこでハードウッドの床にすべき最大の理由のひとつは、長期的に家の価値を高く保てる点です。

オーク材の床は、家をより高く売ることができるという事実から、非常に良い投資と言えます。例えば、不動産業者はハードウッドの床の家は他の床仕上げの家に比べて、2倍は簡単に売れる可能性があると言ったりします。

夏に家を涼しく保てる

オーク材は自然から生まれたものなので床の温度も涼しく一定に保ってくれます。夏は30度を超える日が続く日本にとっては最適な床材といえます。もちろんその分冬場は足元がひんやりしてしまいますのでフローリングの上にカーペットを敷いたり、スリッパを履く、ヒーターを使ったりなど何かしらの対策は必要ですが、蒸し暑い夏を乗り切る上では相性の良い床材になります。

まとめ

いかがでしょうか?オーク材と言うと、聴き慣れた床材かもしれませんが実は奥が深く、人間の生活を陰ながら支えている床材なのです。新築や床のリフォームをお考えの人にとって、選択肢の一つになります。オーク材の魅力を知ってぜひご検討ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる