床材、建築製品に付く室内空気についてのラベルFloorScore®とは

海外製の床材、建築製品を選ぶ際によくFloorScore®のラベルを目にすることがあるかと思いますが、このFloorScore®について、ご存じですか?

引用:SCS Global Services – FLOORSCORE®
The Most Recognized Indoor Air Quality Certification for Flooring

今日は床材選びの重要なポイントになりえるFloorScore®について紹介したいと思います。

目次

環境や空気についての認証マークFloorScore®について解説していきます。

1.FloorScore®とは

FloorScore®とは、硬質床材、接着剤、下地材の室内空気質(IAQ)認証規格です。業界内では、特にフローリングの室内空気質認証で最も認知されていると言われている認証規格で、床材メーカーやサプライヤーの業界団体であるRFCI(Resilient Floor Covering Institute)と共同でSCSが開発しました。

引用:SCS Global Services – FLOORSCORE® : https://www.scsglobalservices.com/

SCSとは、環境、持続可能性、食品安全性、品質パフォーマンスに対する第三者認証、検証、検証の国際的な機関です。
LEED v4、WELL、BREEAM、CHPSを含む多くのグリーンビルディングスキームに対応しています。

2.FloorScore®の認証機関

FloorScoreプログラムは、先述の通り、SCSを唯一の認証機関とするRFCIによって運営されています。
FloorScoreプログラムは、効率的で偏りのない試験を行うために、世界中のISO17025の認定を受けた独立した試験所と提携しています。
代表的な製品サンプルを試験し、懸念される化学物質に厳密に焦点を当てることで、過剰な試験を行うことなく、必要な検査だけを行っています。

3.FloorScore®のラベル

FloorScore® Private Label認証は、SCS認証を受けた製造業者が、SCS認証を受けた製品を自社名でリブランディングするために利用されています。
つまり、そのために製造業者は、FloorScoreブランドとロゴを使用するためのプライベート・ラベル認証審査を受けることになります。

製造業者(サプライヤー)とプライベートラベル所有者との間の機密関係を保護するため、承認された製造業者には、自社製品のための独自のSCS証明書が発行されます。
それでは、FloorScore®のラベルはどのような手順で発行されるのでしょうか?

4.ラベル発行プロセス

1.認証の申請

サプライヤーと顧客は、まず初めにプライベートラベル申請書を完成させ、SCS側に提出します。
そして、SCSが製品情報を確認し、プロジェクトの検証プロセスを設定し、プロセス、成果物、コスト、タイムラインの詳細な説明を含む提案書を作成します。
顧客はそれに同意し、作業指示書に署名してから、SCSのアカウント・マネージャーが認証プロセスを開始します。

2.データ収集

SCSの審査員は、顧客と協力して製品データや品質管理文書の収集を行います。
十分なデータが収集されたら、オンサイト監査を実施します。

3.オンサイト監査

SCSの監査人は、顧客のオペレーションを観察し、技術スタッフとの対話を行い、必要な追加情報を入手するために、実地監査を実施します。
監査人は、テストのために製品サンプルを収集します。
オンサイト監査は通常1日で行われます。

4.製品テスト

製品は、カリフォルニア州01350基準のエミッション試験のために、SCS認定の独立した試験所に提出されます。
排出ガス試験の結果は、約3~4週間かかると言われています。

5.是正処置

監査人は、観察された不適合事項について不適合報告書を発行します。
依頼者は、是正措置を含めて回答し、報告書及び監査人の結論に含まれる情報についてコメントし、回答することができます。

6.報告

審査員は、データ分析、不適合事項、改善の機会を含む審査所見を詳細に記載した審査報告書の草案を作成します。

7.認証決定

SCS の審査員が審査報告書案の最終審査を行い、認証の決定を行います。
依頼者は、SCSグリーン製品ガイドに掲載され、SCSガイドラインに沿って、承認されたFloorScore®のロゴを使用する権利が与えられます。

8.認証の維持・更新

品質システムと製品性能の年1回のデスクレビューが要求され、認証を維持するために実施されます。
更新試験が必要な場合は、評価プロセスの中で審査員が確認します。

タイムラインとしては、認証は、署名された作業指示書から最終決定まで平均3ヶ月で完了すると言われています。

5.FloorScore®のメリット

製造業者におけるFloorScore®ラベル取得のメリットとしては以下の6点が主に考えられます。

  1. LEED v4、WELL Building Standard、BREEAM International、BREEAM UK、Collaborative for High Performance Schools (CHPS)、Green Globes、Green Guide for Health Care 2.2などが対象であること
  2. EPAエコラベルおよびGSA調達要件の基準を満たしていること
  3. 室内空気の質の向上に貢献
  4. 製品の差別化
  5. 改善の機会を特定する

しかし、FloorScore®ラベルがあることで、顧客側としても、室内空気質認証のある安全な製品を選ぶことができる、大切な指標であると言えます。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?
フローリングなどの床材は、私たちが毎日を送る住宅の大部分を占める重要な要素です。
毎日過ごす空間こそ、安心安全な素材で作りたいですね。
FloorScore®ラベルのある製品は、室内空気の質を保証してくれる大切なラベルです。
みなさんも、床材選びの際は、ぜひこのFloorScore®ラベルに注目してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる