デジタル社会からリラックス! ドイツ製床材で自然のぬくもり溢れるインテリア

スマートフォンやタブレット、PCにゲーム…
現代人の日常はデジタル端末に囲まれています。

気になった物事の情報収集にはもちろん、目覚まし時計や読書まで、あらゆるツールがデジタル端末に統合されている現代では朝から夜まで画面を見つめているという方が殆どなのではないでしょうか。

もはやデジタル製品が必需品となってしまった一方で、画面の見過ぎによる目の酷使や姿勢の悪化、睡眠障害など、健康への影響も話題になっています。

そこで、快適なデジタルライフを送るにはどういった環境が適しているのか?
簡単・おしゃれに取り入れることができる対策をまとめてみました。

関連記事:ドイツ製床材でオシャレに冷え性対策!

目次

デジタル疲れを「1/fゆらぎ」と床材で癒し快適なデジタルライフをおくる方法!

目次
1.「1/fゆらぎ」を取り入れる
2.床材を木のフローリングに変える〜ドイツの画期的な床材「Parador」で簡単に印象をチェンジ〜
3.まとめ

1.「1/fゆらぎ」を取り入れる

疲れた体や心を癒すには、自然の力を借りるのが効果的だと言われています。
それは自然界に存在する「1/fゆらぎ」というものが私たちの五感を通して癒しを与えてくれるからだとか。

Wikipediaによれば「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。ただしfは0より大きい、有限な範囲を取るものとする。」とあります。
なんだか小難しい原理に感じますが端的に表すと、「規則的なようで不規則な状態のものを私たちは心地良いと感じる」ということです。

その結果、リラックス効果や集中力UP、ひらめきが生まれやすくなるといった嬉しい効果が期待できるのだそうです。
「1/fゆらぎ」を暮らしの中に取り入れる方法は意外にも簡単です。
いくつか例をお見せしましょう。

1.キャンドルを見つめる

Free-PhotosによるPixabayからの画像

ゆらゆらと揺れるオレンジ色で温かい炎にも「1/fゆらぎ」の法則が関係しています。
デスクに並べて疲れた時に見つめても良いですし、食卓にキャンドルを飾ればいつもと違った雰囲気で夕飯を楽しめますよ。

2.リラックスできる音源を聴く

PexelsによるPixabayからの画像

自然の音を録音した音源、クラシック音楽もリラックスや作業の効率化に繋がると言われています。
特にモーツァルトの音楽には自然界にも存在する、アルファー波と呼ばれるリラックス効果のある周波数の音が多用されているのだとか。
PC作業中のBGMに取り入れてみては如何でしょうか?

3.インテリアに木を使用する

Ferenc KeresiによるPixabayからの画像

木をふんだんに取り入れた部屋にいると、居心地が良く感じたという経験はありませんか?
例えば、ナチュラルなインテリアのカフェで仕事をしたら作業が普段より捗った、カーペットの床よりも、木材のフローリングの床で過ごす方がなんだかリラックスできる、等々です。
これにも木材が与える「1/fゆらぎ」の効果が関係しています。

2.床材を木のフローリングに変える〜ドイツの画期的な床材「Parador」で簡単に印象をチェンジ〜

数あるインテリア要素の中でも、面積が広くて印象を大きく左右するのは床と壁。
特に木を取り入れるとなると、一番に思いつくのは木材フローリングなのではないでしょうか。

なかなか気軽に変更ができないイメージがある床材ですが、実はドイツの床材メーカーParador社の製品を使用すれば簡単・大幅にお部屋の印象を変えることができます。
その特徴を見ていきましょう。

1.木のぬくもりが溢れるデザイン

Paradorにはドイツの腕利きの職人が選び抜いた木目や質感、ぬくもりがあるスタイリッシュなフローリングが揃っています。

豊富なラインナップからホームオフィスには明るい雰囲気を感じるライトブラウン、寝室には落ち着いた印象を感じさせるダークブラウンといった目指すイメージに合ったフローリングを選ぶことができます。
画像やサンプルだけ見てもいまいちイメージが湧かないという方は、スマートフォンを使って写真にフローリング材を合成できるサービスもあります。

2.低コスト・短期間工事

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

従来のように釘や接着剤を使用するのではなく、既存の床材の上に並べていく工法なので期間もコストも大幅に削減できるのだとか。
工期においては従来の工程より20%早くリフォームが完成するそうです。

3.頑丈なうえにワックスフリー

Lorenzo CafaroによるPixabayからの画像

表面に傷がつきにくい加工を施しているため、物を落としたり、椅子を引いたりしても痛みにくくなっています。
また、定期的なワックスがけが要らないワックスフリーなのでお手入れが簡単です。

4.騒音対策にもなる

thedanwによるPixabayからの画像

室内でも土足で過ごすドイツらしく、頑丈で音が響きにくい構造。
商業施設にも使われているため、家庭用としても十分なレベルです。
集合住宅で夜の歩行音が気になる家庭や、お子様がいらっしゃる家庭にもおすすめです。

5.足元の冷え防止になる

Jill WellingtonによるPixabayからの画像

床材である石材やタイルでは、冬は冷たくなりがちです。
しかしParadorの床材は既存の床との二重構造になるため、冬場の足元の冷え対策として断熱効果も期待できます。

6.安全性の高さ

FotoRiethによるPixabayからの画像

安全基準に厳しいドイツ製という点も魅力の一つです。
人体に悪影響を及ぼすホルムアルデヒドを含んでいないので、お子様やペットのいる家庭も安心して使えます。

嬉しいポイントが満載のParadorのフローリング材、リフォームやリノベーションを検討中の方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

3.まとめ

いかがでしたか?
想像以上に簡単なリラックス方法ばかりだったのではないでしょうか?
あなたも自然が与えてくれる「1/fゆらぎ」の力とParadorの床材を味方にして、快適なデジタルライフを送ってみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる