フローリングは何色がおすすめ?床材の色のポイントを解説します

low angle shot of a studio

新築の一戸建てやマンションでフローリングの張り替えを検討しているご家族にとって、検討するポイントの一つがフローリングの色ではないでしょうか?普段は意識することの無い床ですが、視覚的には内装の大部分を占めるのが壁と床なのです。大切なお家を少しでも快適に過ごせるように、今回は床の色をテーマにフローリングを考えていきたいと思います。

目次

実はとっても大事なフローリングの色!色から考えるおうちのフローリング

新築の場合は全体の内装を考えるので、ご家族のお好みやこだわりに合わせてインテリアデザインを決めていきます。全体のバランスを考えて床や壁の色味も決められますので、自由度が高い反面、検討するポイントが多く悩んでしまうこともあります。一方でフローリングを張り替えると入った場合、既にある内装をベースにするのでフローリングの色味も内装のバランスに配慮して決める必要があります。

フローリングは多種多様で、素材によって性能や印象も変わるので、慎重に選びたいところです。そしてフローリングは明るい色もあれば、暗い色もありますのでご自宅には何が合うのか考える必要があります。

配色比率は70:25:5

配色比率は一般的に3色を70%、25%、5%のバランスで配置をすると美しく見えるという考え方があります。一番大きい70%はベースカラーと言い、次の25%はメインカラー、そして残りの5%はアクセントカラーと呼ばれています。この配色比率を内装に当てはめると、とどのようになるのかを下記の画像を用いて解説します。

こちらは家具付きの内装の画像になりますが、70%のベースカラーは床と壁になります。床と壁は全体的に明るいホワイト調の色で統一されています。続いて25%のメインカラーですが、ソファーやテーブル、ランプなどの家具類に相当します。印象としては木のテーブルやソファーなどが一番色の印象が強く見えるのではないでしょうか。そして最後に5%のアクセントカラーですが、これは植物やお花の緑に、テーブルの上に置いてある青色のキャンドルにクッションなどになります。厳格に3色というわけではありませんが、フローリングと壁がベースカラーになり、家具がメインカラーとして印象の中心を担い、クッションや植物などがインテリアのアクセントになって全体のバランスを作っているのが見えますね。このように色のバランスを考えることで、インテリアの雰囲気ができているのです。

ホワイト

ホワイト系など明るい色は膨張色であり、明るい色はその空間を広く見せる効果があります。フローリングが明るいおかげで、部屋も明るくなり清潔感も増します。様々な色の家具にも合いやすいので選びやすい床材と言えます。

デメリットとしては傷やシミなどができたときは、そこが目立ってしまう点です。また、経年劣化を起こしたときや太陽で変色起こした時も目立ってしまいます。他にも埃などはあまり目立ちませんが、日本人の髪の毛なども目につきやすくなってしまいます。汚れてしまうと一眼でわかってしまうので、こまめな掃除は欠かせません。

ライトブラウン・ベージュ

フローリングといったら1番に思いつくのがこちらの色では無いでしょうか?自然な木の色がそのまま床になるので、強い色の主張こそしないものの、落ち着いた雰囲気を作ってくれます。明るい色でかつ落ち着きもあり、どのような住宅やインテリアに合うので選びやすい無難な色と言えます。中間色とも言われるこの色は埃や汚れ、シミもあまり目立たないのでお手入れも簡単です。お掃除にお時間をあまりかけられない人でもお家を綺麗に見せられるので、お忙しい家庭にも向いています。

デメリットとしては、ライトブラウン・ベージュ系の色は一般的過ぎてしまうことでしょう。どこの住宅でも使われがちなため、中々印象に残ることはありません。お家をオシャレにこだわった自分だけの空間を作りたいご家庭には向かないかもしれません。個性を出したお家作りをする場合は上記で紹介した明るいホワイト系か、逆のダークブラウン系の色が向いているとも言えます。

ダークブラウン

ホワイトとは逆のダークブラウン系の色は収縮色とも言われ、全体的に引き締まるので部屋を狭く感じさせる色です。一方で暗い色は落ち着きや高級感があるので、洗練されたオシャレで大人の空間を演出できます。ともあれ、少し扱いが難しいオシャレを意識したフローリングとも言えるかもしれません。

先にも書きました通り、暗い色は落ち着きのあり洗練された印象を与えます。黒ずんだ汚れも目立たないので、あまりシミなども気にならないかもしれません。ホワイト系のフローリングに髪の毛があると目立ってしまいますが、ダーク系のフローリングであれば目立ちません。

デメリットはやはり色味が強く部屋の印象を暗く、また狭い印象も与えかねないことです。大きいお部屋であればダークブラウンは良いバランス感を与えますが、狭いお家の場合はあまり向きません。床材に暗い色を使う場合、それに合う家具や壁などの色の選択肢が限られてしまう点もあります。ダークブラウンのフローリングを採用する際は、家具や壁など全体のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

フローリングの色一つを取っても、住宅に与える印象は変わってきます。無難な色を選びたい場合は中間色であるベージュやライトブラウン系がおすすめです。オシャレにこだわりたい場合はダークブラウン系の床材もおすすめできます。綺麗好きでお家に明るい印象を出したい場合はホワイト系もおすすめできます。

住宅は1日の中で、一番リラックスして過ごす空間になりますので、全体のバランスを考えつつもできるだけ自分や家族の好みに合うものを選びたいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる